WEB予約 現在の待ち時間

多焦点眼内レンズ
(老眼手術)

多焦点眼内レンズとは

白内障手術では、濁ってしまった水晶体を取り出し、代わりに眼内レンズを挿入します。この眼内レンズは大きく分けて2種類に分けられます。

1.単焦点眼内レンズ:通常の保険医療で用いられるレンズ

単焦点眼内レンズは、遠くもしくは近くにピントが合います。
もともと遠くが見えていた人は、手術により遠くがさらに見えるようになります。もともと近視の人は手元がさらに良く見えるようになり、眼鏡をつければ遠くをみたときの視力が良くなります。

ただ、ピントを合わせる機能がレンズにはないので、もともと遠くが見えていた人は、近くを見るときには老眼鏡が必要なことは変わりません。また近視のひとは手術前と同じく遠くを見るための眼鏡が必要になります。遠近両用の眼鏡をつければどちらも見えます。

2.多焦点眼内レンズ:選定療養(眼内レンズ分の追加費用を払う)か自費診療(手術代含めて保険がきかない)のレンズ

遠近両方にピントが合うため、眼鏡や老眼鏡が必要になる場面が少なくなります。

当院では、多種多様の多焦点眼内レンズをご用意しております。

多焦点眼内レンズに向いている人

多焦点眼内レンズ(選定療養 保険内での手術費用+レンズ代)

向いている人
  • 眼鏡をしたくない人
  • 夜間の運転をしない人
  • 細かいことを気にしないプラス思考の人
  • 日本国の承認が得られたレンズで最高のものを使用したい人
  • 眼に他の病気がない人

遠くと近くの2焦点、もしくは近く、中間、遠くの3焦点にピントを合わせることができるレンズです。

単焦点眼内レンズと比べ、最初はピントを合わせることに違和感がありますが、慣れると快適になります。選定療養でしようするレンズは国内で承認の得られたレンズです。

単焦点眼内レンズよりも、眼鏡が必要になる場面も少なくなります(イメージとして10回眼鏡をかけていたタイミングが3回くらいに減る)。

〇良い点

眼鏡なしで手元が見えます。眼鏡がいらないのでフレームが邪魔にならず視界が広く感じます。

△注意点

不快な光の輪や曇り(ハロー、グレア)を感じることがあります。慣れるのに時間がかかることがあります。白内障以外の眼の病気がある人は使用できない場合があります。

多焦点眼内レンズ(自費診療:治療代とレンズ代と術後の診察代金がすべて自費)

向いている人
  • 現時点で考え得る最高の治療を受けたい人
  • 年齢が若く、まだまだアクティブに活動したいので良い見え方でいたい人
  • 多焦点眼内レンズのデメリットが少ないものを希望する人
  • 時間や金銭に余裕のある人
  • 眼に他の病気や重度の乱視がない人

2焦点、3焦点のレンズの欠点である、不快な光の見え方や焦点のあった部分以外での見えにくさを改善した海外のプレミアム眼内レンズです。
焦点の合わない部分がすくなくなるので眼鏡が必要になる場面も少なくなります(イメージとして10回眼鏡をかけていたタイミングが1回くらいに減る)。
ただ高機能である分、その能力を発揮するには患者さまの眼の状態が大きく影響するため、検査をしても希望通りに眼内レンズを移植できない場合があります。

〇良い点

眼鏡なしでも遠中近距離にほぼピントが合います。コントラストが落ちにくいレンズがあります。

△注意点

自費診療のため手術費用が高価です。海外への注文のため手術までの待ち時間が発生します。希望があっても眼内レンズの適応でない場合があります。

単焦点眼内レンズ(保険治療)

向いている人
  • よりよい視力を得るために眼鏡をかけることに抵抗がない人
  • もともと老眼鏡や近視の眼鏡を使っていた人
  • 眼鏡をしてないと落ち着かない人
  • 眼に他の病気がある人

遠くまたは近くのいずれかにピントを合わせる屈折のレンズです。

〇良い点

ピントがあった場合はすべてのレンズの中で明るさ、色など総合的にもっともはっきり見えます。不快な光の輪や曇り(ハロー・グレア)が最も少ないレンズです。

△注意点

ピントが合いにくいところは眼鏡が必要になります。「遠くが良く見える(両矢印) 近くは眼鏡」「近くは眼鏡なしで見える(両矢印)遠くは眼鏡」

選定療養のシステム

選定療養とは、追加の費用を支払うことで、保険適用の治療と保険適用外の治療を併せて受けられる制度です。

選定療養に適合した多焦点眼内レンズであれば、多焦点眼内レンズを選んだことで増えた費用のみを自費として追加でお支払いいただき、手術や検査・診察費用は保険適応で受けることができます。

多焦点眼内レンズの種類

当院では、多種多様の多焦点眼内レンズをご用意しております。より患者様のライフスタイルに合ったレンズのご提案が可能です。

選定療養

商品名テクニス
マルチフォーカル
テクニス
シンフォニー
テクニス
シナジー
クラリオン
パンオプティクス
ピント2焦点焦点拡張(Edof)2焦点+焦点拡張3焦点
乱視矯正なしありありあり
選べる近くの焦点距離33cm
42cm
50cm
50cm40㎝~60cm
40cm

テクニスマルチフォーカル

明るさに左右されず、特に近い距離の見え方に優れているレンズです。近方の焦点距離も30・40・50cmから選ぶことができます。
グレア・ハローが起こりやすいものの、それを上回る快適性を得られます。

向いている人
  • 手元の見え方にこだわりが強い人
  • 夜間に運転をしたり、強い光の下での作業をしない人

テクニスシナジー

焦点深度拡張型レンズと2焦点の回折型レンズのそれぞれのメリットを取り入れた最新の多焦点眼内レンズです。 遠方から中間距離、近方の見え方まで良好です。

向いている人
  • 遠中近どこも眼鏡なしで見たい人
  • 夜間に運転をしたり、強い光の下での作業をしない人

クラリオンパンオプティクス

3焦点の眼内レンズとして初めて国内で承認を得たレンズです。
近方から遠方まで、幅広い距離にわたって良好な見え方が得られます。グレア・ハローも少ないと言われています。

向いている人
  • 遠中近どこも眼鏡なしで見たいが、多少は眼鏡をかけてもかまわない人
  • レンズの不快な見え方(光のぎらつきやコントラストの低下)をなるだけ減らしたい人

自費診療

国内未承認の眼内レンズなので手術費用など自費診療となりますが、高機能の眼内レンズが豊富にあります。

商品名ミニウェルreadyインテンシティー
ピント連続的焦点 5焦点
乱視矯正ありなし
選べる近く
の焦点距離
50cm100cm
70cm
50cm
30cm

ミニウェルready

プログレシブ眼内レンズと呼ばれる、新しいタイプの多焦点眼内レンズです。
近方の見え方はやや劣るものの、中間~遠方まで連続して良好な見え方が得られます。グレア・ハローも少なく、もともとの水晶体に近い自然な見え方が再現されます。瞳孔径が大きい方が適しています。

インテンシティー

これまで導入していた3焦点眼内レンズよりも、さらに進化した5焦点の多焦点眼内レンズです。 遠方、遠中、中間、近中、近方の見え方すべてにピントが合うレンズです。

多焦点眼内レンズの費用

(税込)

選定療養

レンズテクニス
マルチフォーカル
テクニス
シンフォニー
テクニス
シナジー
クラリオン
パンオプティクス
乱視無(片目)24万円20万円32万円28万円
乱視有(片目)取り扱いなし23万円35万円32万円
光学部回折型回折(EDOF)回折型回折型
焦点2233
※ +健康保険一部負担金が必要となります。

自費治療

レンズミニウェルreadyインテンシティー
乱視無(片眼)52万円54万円
乱視有(片眼)55万円57万円
光学部プログレッシブ型回折型+α
焦点連続的5

多焦点眼内レンズの注意事項

慣れるまでに時間がかかることがあります

見え方に慣れるまで、ある程度の期間が必要で、個人差もあります。
翌日から快適な方が多いですが、中には長ければ、慣れるまでに数カ月程度かかることがあります。

不適合となる場合があります

稀ではありますが、期間をかけても、見え方が改善されないケースがあります。
この場合は、6か月ほど様子をみて、多焦点眼内レンズを単焦点眼内レンズへ入れ替える手術を行うこともあります。別途費用が発生します。

コントラストの感度が低下することがあります

視界が白っぽく、膜がかかったようになり、コントラストが低下することがありますが、徐々に慣れてきます。

グレア・ハローが生じることがあります

暗いところで光を見たときに過度に眩しく感じる「グレア」や、光の輪が見えたりする「ハロー」が生じることがあります。

裸眼視力が良好な方にはおすすめしていません

術前の裸眼視力が良好な方は、術後、不満を訴える場合があるので、おすすめしていません。