WEB予約 現在の待ち時間

結膜下出血

結膜下出血とは

白目の表面部分を覆っている粘膜である「結膜」の下にある血管が破れ、白目部分に出血し、白目の部分が真っ赤になる症状のことをいいます。
結膜の中で起こる出血のため触った際に血がつくようなことはありません。

結膜下出血の症状

白目の部分が真っ赤になります。自然に出血した場合は無症状のことが多く、鏡を見て気づく、人に指摘されてわかる場合があります。
出血量が比較的多い場合は、異物感を自覚する方もいます。
視野が狭くなるようなこともありません。

結膜下出血の主な原因

直接的な原因は結膜下の血管が破れて出血することです。
原因がわからない自然出血がほとんどです。高血圧、抗凝固薬の内服、ドライアイ、結膜弛緩症などを有する人が比較的起こりやすいとされています。

結膜下出血の検査

視診と細隙燈顕微鏡検査で診断します。

結膜下出血の治療

出血自体が軽度の場合、1週間から10日前後で自然に吸収されますので治療の必要はありません。
出血量が多い場合は時間の経過によりますが、必ず出血は吸収されます。
多くの場合、出血は放置でも問題はありませんが、次の場合は受診してください。

  • 外傷
  • 出血以外に痛みやかゆみ、眼脂を伴う
  • 頻繁に出血をくりかえす

頻繁に出血を繰り返す場合、全身的な疾患(高血圧や糖尿病、貧血、白血病、紫斑病など)も疑われますので内科を受診して頂く場合があります。

早期に状態を改善したい場合、軽い消炎剤や血管収縮剤などの処方を検討します。

院長より

通常、結膜下出血では白目部分が赤くなっている以外の自覚症状がありません。しかし、痛みやかゆみ、目やになど、その他の症状がある場合は検査を受けたほうが良いです。