WEB予約 現在の待ち時間

緑内障 glaucoma

緑内障とは

緑内障とは、眼から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。

緑内障は中高年の方に起こる代表的な病気のひとつです。

緑内障は日本では失明原因の第一位となっています。患者数は多く40歳以上での有病率は5%、70歳以上での有病率は10%という報告もあります。

現在の医学では緑内障で失われた視野を回復させることが出来ず、緑内障の治療とは進行を抑制するということになります。緑内障の進行には眼圧(目の中の圧力)が深く関わっており、眼圧が高いと視野障害は進行します。
つまり、緑内障の治療とは眼圧を下げることです。

緑内障の症状

  • 徐々に視界に見えない部分(暗点)が出現する
  • 徐々に見える範囲(視野)が狭くなる

など

緑内障の症状は徐々に進んでいくため、初期の段階ではなかなか気がつくことが出来ません。

ほとんどの緑内障は進行がゆっくりですが、急激に眼圧が上昇する急性緑内障発作が起こると、目の痛み、充血、目のかすみ、頭痛や吐き気を伴って、かなりの早さで視野が狭くなっていきます。

緑内障の主な原因

緑内障の原因は、まだよく分かっていません。高齢になるほど患者数が増えることから、加齢が危険因子の1つであると考えられています。

また、緑内障は眼圧の高い人に起こりやすい病気であることが知られています。眼圧とは、「目の中の圧力」で「目の硬さ」のことをいいます。

ほかに、緑内障の危険因子としては下記が挙げられています。

高血圧、糖尿病、偏頭痛、睡眠時無呼吸症候群 近視 遺伝 外傷 ほかの目の病気や手術歴、その治療薬

緑内障の検査

細隙灯顕微鏡検査、眼圧検査、隅角検査、眼底検査、視野検査を行います。

緑内障の治療

緑内障の治療は眼圧を下げることです。
薬物療法を基本とし、病態や病期に応じてレーザー治療や手術を実施することがあります。

→緑内障手術のページへ

院長より

自覚症状がはっきりしないため、緑内障になった場合、緑内障の特徴を良く理解して、付き合っていきましょう。

治療のポイント
  • 「点眼治療の場合はきちんと点眼し続ける」
  • 「検査を受け続ける」
  • 「手術をしたあとでも定期検査を継続する」

緑内障に関するよくあるご質問

A

緑内障の進行を改善に止めたり、治癒したりといったことはできません。
緑内障の治療では、手術を含め、眼圧を下げ、できるだけ緑内障を進行させないことを目的としています。
それだけに、早期発見・早期治療が大切になります。

A

よく「眼を使わない方がいいですか?」というご質問をいただきますが、眼を使うことで緑内障が進行することはありません。
とはいえ、眼を酷使すると視力低下や眼精疲労などの原因となりえますので、注意が必要です。

食事や運動も、今までどおりで問題ありません。
喫煙は緑内障や白内障の原因になることがあります。身体のためにも、禁煙しましょう。

A

緑内障の病型によります。
ほとんどの方が開放隅角緑内障というタイプで、胃腸薬・風邪薬・抗うつ薬を服用しても問題ありません。閉塞隅角緑内障というタイプの方は多くの薬に注意が必要です。閉塞隅角緑内障タイプは場合によっては緑内障発作が起きてしまうことがありますが、レーザー治療や白内障手術によって、緑内障発作が起きないように予防することが可能です。
緑内障の病型がどちらのタイプなのかは医師にご相談ください。

A

手術治療も、点眼治療同様に、進行を遅らせ、視野が狭くなるスピードをゆっくりにするしかできません。

失った視野を取り戻したり、緑内障の管理から解放されるものではありません。点眼治療を適切に続けてもなお、病気が進行する場合に行われます。
ただし、手術により、点眼数を減らせるケースも多く見られます。

A

日本人の中途失明の原因疾患の第1位は緑内障です。
ただし、早期発見・早期治療すればそうした事態を避けることは可能です。

緑内障が進行していても、片方の眼が見えているから放置とういう方もいらっしゃいますが「片方の眼の視野が狭くなっている」方は、もう片眼も相応に緑内障が進行している事が多く、そうなると治療しても思うような結果が得られないことがあります。

A

一度緑内障になると「治る」ことはありません。点眼治療は、病気の進行を食い止めるために続けて行くものです。しかし、多くの患者さんは、この点眼治療を続けることで、健常な方と同じような生活を送っていらっしゃいます。