WEB予約 現在の待ち時間

フェイキックIOL
(眼内コンタクトレンズ)
Phakic IOL

フェイキックIOL (眼内コンタクトレンズ) 手術=近視を治す新しい手術方法

近視を矯正する方法としてご存じの方法は、眼鏡やコンタクトレンズ、LASIK(レーシック)が一般的であると思います。これら従来の方法と違い、フェイキックIOLとは眼内にレンズを挿れて近視を矯正する方法です。眼内コンタクトレンズ(ICL)もその一つで、スター社のフェイキックIOLの登録商標ですが広く認知されていてわかりやすいので、「眼内コンタクトレンズ(ICL)=phakicIOL」というような認識で呼ことがあります。

フェイキックIOLのひとつが米国のFDAは2005年12月、カナダでは2001年、韓国では、2002年4月に各政府より承認を受けて以降、世界で40,000件以上の実績がる安全な近視の治療法です。

こんな方にフェイキックIOLをおすすめします

  • 20~45歳くらいの方
  • コンタクトレンズの装用をやめたいという方
  • 角膜が薄くレーシック手術ができないと言われた方

このようなお悩み・ご希望がある方には、ぜひ一度フェイキックIOLをご検討いただければと思います。気になる方は、お気軽にごご相談ください。

フェイキックIOL手術とレーシック手術の違いは?

フェイキックIOLとがレーシック手術の違いは、切開する部分がフェイキックIOLの方が小さくてすむことで手術前と比較して不具合(光の感じが方おかしくなる、ドライアイが悪化するなど)のリスクが少ないことです。

 フェイキックIOL手術レーシック手術
角膜への侵襲ないある (角膜を削る)
角膜が薄い場合の適応可能限度がある
コントラストの感度非常に良い良い/強度近視では低下する
可逆性取り出して元に戻せる戻せない
将来的な白内障手術への影響
ない
ほぼない
眼内レンズの度数計算に対応するソフトが必要
紫外線のカット
対応している
(UVカットレンズ)
ない
術後のドライアイほぼ起こらない起こり得る/十分なドライアイ対策を行う

フェイキックIOL手術とコンタクトレンズの比較

フェイキックIOLがコンタクトより優れている点は、コンタクトレンズのようなつけ外しが不要でいつでも良好な視界が得られる、コンタクトを装用することでのドライアイの悪化やコンタクトの汚れによる視界不良を気にする必要がなくなる、という点です。コンタクトレンズが優れている点は、近視の度数が変わった場合はすぐに調整ができる、手術をする必要がないという点です。何らかの理由(仕事上、趣味など)でコンタクトをつけることにストレスを感じている人が向いているといえます。

フェイキックIOL手術を行った場合と、コンタクトレンズを使用した場合を、費用の面から比べてみましょう。

1デイタイプのコンタクトレンズを使用した場合と比較

使い捨て1デイタイプのコンタクトレンズを1年間使用した場合に掛かる費用は、62,400円です(5,200円(両眼1ヶ月分)×12ヶ月)。

→9年と8ヵ月でフェイキックIOL手術の費用(60万円)とほぼ同額になり、その後はフェイキックIOL手術の方が割安になっていきます。

2ウィークタイプのコンタクトレンズを使用した場合と比較

使い捨て2ウィークのコンタクトレンズとケア用品を1年間使用した場合に掛かる費用は、30400円「4,600+3,000円(両眼3か月+ケア用品代)で7,600円となります。

→19年9ヵ月でフェイキックIOL手術の費用(60万円)とほぼ同額になり、その後はフェイキックIOL手術の方が割安になっていきます。

フェイキックIOL手術のメリット・デメリット

メリット
  • レーシックとは異なり、角膜の厚みや強度近視・乱視にかかわらず、完全矯正が可能です。
  • レーシックの場合には、高度近視など矯正量の多い方ではグレアー、ハローなど夜間の視力の質に影響がみられる事もあります。しかし眼内コンタクトフェイキックIOLは角膜を全く切除しないので、見え方の質が良好です。
  • 視力は手術直後から回復します。
  • 水晶体を取らずに残せるためご自身の調節力が保たれ、レンズを除去することにより手術前の状態に戻すことも可能です。
  • 角膜表面を削らないので、強度近視のレーザー治療で出現する収差も増加せず、47~50歳以上の老眼年齢になるまで、質の高い視力状態でとても自然な見え方が得られます。(-6D以上の強度近視になると、レーシックで角膜を削ると収差が増加するといわれており、当院では-6D以上の患者様にはレーシックではなく、フェイキックIOLをお勧めしております)
  • 角膜表面を切除しないため、術後ドライアイになりにくいです。
デメリット
  • 欧米ではレーシックと同じように普及しつつありますが、日本国内ではまだ新しい手術方法です。
  • 安定していない近視の方、 眼内に炎症がある方、前房(角膜~虹彩の間)が浅い方は手術を受けられないことがあります。
  • 健康保険不適応のため治療費(自費)が高額になります。ただレーシックも同様に自費診療です。

フェイキックIOL手術の費用

準備中です。

フェイキックIOL手術の流れ (ご予約からアフターフォローまで)

1検査・カウンセリング

初診はいつでも受け付けますが、術前検査は予約制になっております。 詳しい検査を行いますので、1時間半程度要します。採血検査も行います。

2麻酔

麻酔は目薬をさす要領(点眼麻酔)と同じ。麻酔の注射をしないため痛みがなく安全です。どうしても怖くて緊張してしまったり、自信のない方には緊張のとれる笑気麻酔(吸入麻酔)をつかうことでリラックスした状態で手術に臨むことができます。

3手術

手術の1,2時間前の指定の時間に来院していただきます。角膜の縁の部分を3mmだけ切開します。痛みは感じません。傷跡もわかりません。手術自体は長くても15分程度で終了します。

4手術の後のケア

日帰り手術なので、手術後10~15分で帰宅できます。 手術当日から約1週間は透明なゴーグルをつけて生活します。眼をこすったりする不安がある人は当日は眼帯をさせていただきます。翌日から普段に生活してただけますし、手術翌日後の診察後には車の運転もできます。ただ、洗顔、洗髪3日目から、化粧7日目から可能です(念のため医師の許可が必要です)。

5手術後の診察

手術後の診察が必要です。(翌日、3日目、1週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後)
手術後は、ご希望の見え方にすることが可能です。

フェイキックIOL手術後の注意事項

  • 手術の翌日から、首から下のシャワーが可能です。入浴・洗顔・洗髪・メイクは、3日後までお控えください。アイメイクは、1週間後からとしてください。
  • 手術当日~手術翌日までは、車の運転をお控えください。診察後、視力の回復が確認できてから運転を再開してください。
  • 手術後3日間は、アルコールをお控えください。炎症がでたり、痛みの原因になったり、誤って傷口をさわって不具合が起きることがります。
  • 手術後3日間は、パソコン作業・テレビ観賞・読書・デスクワークを以前のようにすると眼が疲れやすかったり痛みが出やすいので可能な限り控えてください。
  • 手術後1週間は、サウナ・温泉・海外旅行をお控えください。
  • ジョギング・ゴルフの再開は1週間後、水泳などの激しい運動の再開は1ヵ月後を目途とします。

フェイキックIOL手術のリスク

安全性の高いフェイキックIOL手術ですが、以下のようなリスクも存在します。患者様には事前にご説明し、十分にご同意いただいた上で、手術へと進みます。

  • かすみ、ぼやけ、眩しさ、異物感、充血などの症状が現れることがあります。通常、1週間程度で治まります。
  • 平均して3%ほどの内皮細胞数減少が起こりますが、次第に安定します。
  • 稀ではありますが、眼圧上昇を起こし、点眼、内服、レーザー治療が必要になることがあります。
  • 稀ではありますが、過矯正・低矯正によって度数の異なるレンズへの交換、再手術が必要になることがあります。