WEB予約 現在の待ち時間

老眼

老眼とは

老眼とは、年齢を重ねることで、水晶体が硬くなり、十分にピント調節が出来なくなった状態で近いところが見えにくくなります。40歳前後から誰もがなる目の老化現象です。正確には老視といわれます。

老眼の症状

老眼の症状は、近くの細かい文字が読みにくい、近くから遠くへ(遠くから近くへ)と距離の違うものにピントを合わせるのに時間がかかる、夕方や天気が悪いときは遠くが見づらいようになってきます。
細かい文字を読む際に、少し離して見ないと文字が判読できないことで気付くケースが多くなっています。

また老眼を矯正しないまま放置すると、老眼に眼精疲労が重なり体調が悪くなることがあり、以下のような症状が現れます。

  • 肩こり
  • 目がかすむ
  • 頭痛
  • 吐き気

老眼の主な原因

老眼は加齢が主な原因です

老眼の検査

  • 視力検査・屈折検査
    老眼検査の基準となる検査を視能訓練士が行います。
  • 近見視力検査
    視力検査表を30cmの距離から離れて見て、どのサイズまで見えているか調べる検査です。

老眼の治療

調整力を若返らせるための治療はありません。眼鏡やコンタクトレンズを用いて矯正します。
また、多焦点眼内レンズを利用する日帰り手術を行います。多焦点眼内レンズは白内障の手術で利用されますが、強度な老眼の治療にも使われます。